渓流での放流魚の釣り方(アマゴ・ヤマメ・イワナ)

渓流での放流魚の釣り方(アマゴ・ヤマメ・イワナ)

渓流釣りでのターゲットには、大別すると天然と放流に分けることができます。

天然(天然魚)とは、その川で成長した魚です。ここでは稚魚放流や魚卵放流も含めます。

放流(放流魚)は人工的に育てた魚を川に放ったものです。

天然魚の生息地

アマゴやヤマメ、イワナは冷たい水を好む魚で、そもそも上流に生息しています。そして天然モノは、その更に上流にいます。山奥の川ですね。全国的に見れば必ずしもそうととは言えませんが、少なくと奈良県の大部分はそうです。釣り人の数が多ければ、それだけ川に残る個体数は少なくなるので、都市に近いエリアではなかなか天然モノを見ることは叶いません。

そのため、本当の天然魚を釣るためにはアクセスの悪い川、人があまり入っていない川まで行かなくてはならないんです。

また、魚卵放流(受精卵を放流)は、道路の終着点周辺が多いです。稚魚放流(赤ちゃんを放流)はその更に下流といったイメージです。魚卵はバケツで大量に運べるので車が止められないエリアでも放つことがありますが、水の入ったバケツになる稚魚では車からすぐ放流できるエリアになることが多いそうです。

補足。魚卵放流・稚魚放流はその川にもともと生息する魚と遺伝子は異なりますし、レア度も本物の天然魚に劣ります。しかし、釣りをする上では変わらないので(魚の修正や釣りの難易度)、ここでは稚魚放流や魚卵放流も天然モノとしてまとめています。

※天然モノは上記の下流にもいますが、天然モノだけを狙うことができない、天然モノの数釣りができません。

放流魚の生息地

放流魚は川の上流域の中でも中流域・下流域が生息地になります。地場の漁業組合が釣り人が集まる場所・集まってほしい場所に重点的に放流しています。

バケツでドバドバーって魚を放つんです。

解禁日前にあらかじめ放流しているのですが、解禁日以後に追加放流している川もあります。あとはイベントの時などですね。

放流する場所は、遊漁券・漁業券を購入する店やその川の漁業のホームページなどで確認しましょう。おすすめは漁券を購入する店です。チラシやホームページには詳細に掲載されていないので、お店の人に放流場所や放流時間、人の込み具合など詳しく確認しましょう。

放流魚の特徴と習性

放流魚は高密度で浅い生簀(いけす)の中で育てられているせいで、天然魚と比べるとヒレは擦り切れて小さく、また、個人的私見ですが流れの早い川で育っていないので筋力も無さそうです。そのため、遊泳力は弱く、流れに逆らう遡上はほとんどないと考えていいです。

また、放流直後はその場にとどまる魚がほとんどですので、少しでも放流場所がずれると全く釣れないという事態に陥ります。放流した場所から離れるのに数日はかかるそうです。

そして、放流魚は人間に育てられただけあって、天然モノよりも警戒心は低いです。厳しい自然の中で生き抜いた天然魚と比べると危険が少ない環境で生きてきたからだと思います。

放流日での放流魚釣りの特徴(放流場所での釣り)

放流魚の特徴と習性を踏まえると、天然モノを狙うよりはヌルい釣りになります。

また、数釣りが楽しめる「放流直後」での釣りについて説明したいと思います。

ちなみに、釣り方は「餌釣り(ミャク釣り)」です。

①魚の数が多いから、釣りのウデなんて関係なし

成魚となった渓流魚は5㎡~20㎡に1匹の割合で分布するそうです(水産庁の資料に書いてました)。

しかし、放流魚は狭いエリアに3桁、もしかすると4桁の魚を放流します。2020年3月に放流日に釣りに行ったのですが、自分の目の前にバケツ一杯のアマゴを入れてくれるんですよ。ちょっと大きい淵だと何回も。その結果、100匹以上も泳いでいる場所もありました。

数が多いので釣れるチャンスも多いということ。どうあがいても釣れない個体はもちろんいますが、僕が見る限りでは放流日に軽く半分以上は釣られてしまってます。

釣りの腕は関係なし。初めての子供でも釣れます。渓流釣りデビューに放流日はおすすめです。

②警戒心が低い

天然モノを狙ったことがある人なら分かると思いますが、渓流魚は人の姿を見るだけで岩陰に隠れる傾向があります。

しかし、放流魚は隠れない!

正確には隠れる魚体もいるのですが、数も多く、そして警戒心も低いので、普通に人前で泳いでいます。そして、人前でも餌を食うw。隣のヤツが釣られても食う。

僕が天然モノを狙う時には川から離れたり岩陰から狙ったりするのですが、放流日はそんなのお構いなし。魚と1mの距離で子供と談笑しならがらでも釣れるんです。

③魚は移動しない

放流魚はほとんど移動しません。流れに乗って、または逆らって違うポイントには移動しないと考えていいです。移動し始めるのは放流されてから数日後だそうです。ただし、流れが速い場所に放流されると遊泳力がないので下流に流されます。

でも、放流された場所に留まるという訳ではありません。すぐ近くの、「魚に取って快適な場所」に移動します。基本的には竿の届く範囲内と思って大丈夫です。

放流日での放流魚の釣り方(放流場所での釣り)

ようやく釣りそのものの説明をしますね。

持ち物

基本的には渓流釣りの持ち物でOKですが、移動はほとんどしません(しても数百メートル)ので、少し変わります。

  • 渓流竿(長さ4.5m前後)
  • タモ
  • エサ入れ
  • 釣り餌(おすすめはイクラ)
  • 仕掛け
  • クーラーボックス(または魚籠)
  • ウェーダー(川によって不要)

竿は短くても大丈夫。だって目の前でも釣れるから。でも、短いと範囲が狭くなるので4.5mくらいが無難と思います。

釣り餌はイクラが一番良さそうです。しかし、他の種類の餌も持っていく方がいいです。徐々にイクラで釣れる魚が減っていきますし、だんだんスレて食べなくなります。そんなときに違う種類の餌を持っていれば釣果に差がつきます。

仕掛けはこんな感じです(絵が無くてすいません)。

  • 仕掛けの長さ:竿より50㎝~1m短くする
  • 仕掛けの糸:0.6号~1号
  • 目印:針先から1mと1.5mにつける
  • おもりの重さ:2~3号前後(ガン玉セットを持っているのが吉)
  • おもりの位置:針先から10cm~20cm
  • 釣り針:6~7号。形は何でもいい
  • ウキは無い方がいい(アタリの感触が鈍くなるから。初心者はあった方がいいかも)

この程度の仕掛けで十分です。仕掛けの糸は道糸と水中糸を分けることが一般的ですが、そこまでしなくてもいいです。本格的な仕掛けにすればするほど釣果は上がると思いますが、なんせ警戒心が天然モノより低いので、初心者~中級者は気にしなくてもいいと思います。

あと、釣り針はバーブレスフック(抜け防止のための「返し」が無い針)がおすすめです。バラしやすくなりますが、数釣りが楽しめる釣りですので、1匹のありがたみが薄いです。そのため、手早く釣った魚を外せるほうに重点を置いた方が釣りを楽しむことができます。

釣り場所のイメージ

釣り場のイメージは「釣り堀」です。人様が横に並んで魚を釣るやつです。場所移動もほとんどしません。だって混んでるから。

混むから、僕が行っている川では朝6時の時点でこんな状況です。

川の一級ポイントには場所取りの棒や荷物が置かれています。

川によって状況は異なりますが、いい場所で釣りをしようと思うとなかなかハードです。

次の写真は、放流している瞬間です。

左下で放流された魚が、過ごしやすい場所を求めて少し遡上しています。こいつらは奥の瀬までは泳いでいかず、この周辺にずっととどまっていました。

左上のバケツは放流してくれる漁協関係者です。「ここに放流して」と伝えると指定した場所に放流してくれました。

ここはなかなか良い場所で、魚が隠れる場所がありません。そして、底は白系の砂利で、水流は穏やかで白波も無く魚の姿がはっきり見えます。水の透明度は言わずもがなですね。

釣れる瞬間を間近で、しかも鮮明に見ることができます。

釣り方

人がいっぱいいるので、周りと同じことをしましょう。隣の人と同じタイミングで仕掛けを投げ、同じタイミングで仕掛けを回収する。そうすれば、糸が絡まったり周りに迷惑をかける確率がグンと下がります。

また、良く釣れている人のマネをすることも大事です。釣れている人にはそれだけの理由があります。同じ餌を使ったり、同じ深さに餌を流したり。。工夫してみて下さい。

基本的には上流から下流に、流れに沿って餌を流します。浅く流してもいいですし、深めに流してもいいです。でも底を這うくらい沈めるのはお勧めしません。反応は悪いですし、根がかりするからです。

流す場所も、いろいろ工夫してみて下さい。手前、奥、奥から手前など、いろいろなコースを流してみましょう。

また、動きはつけなくていいです。ゆらゆらと同じ高さで流してください。

イクラを使う場合、潰れたり白くなったりしたら変え時です。虫系の餌は原型が残っていれば大丈夫かな?ただ、どの餌を使う場合でも反応が悪くなったら新しいものに変えるか、違う種類の餌を使ってくださいね。

釣果

放流日での大人2人、子供2人釣果です。34匹。時間は朝からお昼までの5時間。

子供を遊ばせることが主目的だったので、本気で釣りしたわけではありません。

反省点としては、この日の当たり餌だったイクラを持っていなかったこと、次に当たりの多かったブドウ虫が前日に半分以上使ってしまっていたことです。

この日はあまり釣れなかったミミズと不慣れなルアー釣りでの釣果が半分くらいです。

イクラを持っていれば。。ブドウ虫がもっといっぱいあれば。。。倍は釣れたと思います。

放流日は年に1,2回しかないイベントなので、餌はしっかり持っていきましょう!

追伸:この記事では、僕が通う川を想定して書いています。