アマゴ釣り実釣(奈良)。先行者圧倒的有利というお話

アマゴ釣り実釣(奈良)。先行者圧倒的有利というお話

春分の日の三連休に行ってきました。

 

その名に違わずすっかり春の陽気でしたが、僕は源流部まで行っての釣りが好きなので、服装は冬の装いで。

 

ちなみに、ユニクロのウルトラダウンは便利ですよ。小さく纏まりますし、僕はカバンに常備しています。

今回はウルトラダウンを着て行って、暑くなったら脱ぐ作戦です。

 

 

準備は前日にばっちり!

荷物を車に積むだけです。

 

そしてAM3時起床。ちょっと所用があり出発はAM4時。

川についたのはAM6時前。

 

ちょっと空が明るくなりかけでしたが、山間部なので周りは真っ暗。

ヘッドライト持ってきたらよかった。。

 

ウェーダーを履いて入渓の準備をします。

仕掛を竿に付けますが、暗くてよく見えない。。

 

持ち物

今回はお昼を食べて引き返す予定です。

今回持参したものはこちら

・防水リュック

・鍋、バーナー

・食料(おにぎり3つ、シーフードカレー、チョコレートのお菓子、お茶500ml)

・カッパ

・携帯用充電池

・ウェストポーチ

・釣り道具(はさみ、釣り針、釣り針付きハリス、道糸、おもり、目印、事前に作った仕掛2つ)

・携帯電話、貴重品

・魚籠(びく。釣った魚をいれる籠で、腰に巻くタイプを持っていきました)

・釣り竿(4.5m、4.9m、5.4mの可変式)

・ウェーダー

 

実釣

こんな川です。場所は秘密です。

 

 

開始から2時間くらいは10~15cmの小さいやつばっかりでした。

そして数も釣れない。。。

 

原因は分かっていました。

他の釣り人です。

 

 

あまり釣りに行けない僕は、確実に誰も入っていないところで釣りをしたかったのです。

そのため、当日の先行者がいないことが確定する夜明け前に行ったわけです。

 

他の車はありませんでしたので、当然僕が1番乗り。

 

でも、足跡がちょっとあるんですよね。

比較的新しそうなやつが。。。

 

釣果から推測するに、

「昨日、釣り人がきやがったな‼」

という結論に至りました。

 

理由は3つ。

1つ目。砂場の足跡が崩れておらず、湿っていたこと(何だかプロっぽい推測)

2つ目。思ったより釣れなかったこと(うぬぼれ)。

そして3つ目。一番の理由でもありますが、釣れる魚は全て小さいサイズだったこと

 

警戒心の高いアマゴと言えども、小さいサイズはまだレベル低いんですよね。

総合的に判断して、前日に誰か釣りをしたとの結論に至ったわけです。

 

別の川に行くことも考えましたが、そのまま突き進むことにしました。

というのも、途中で川が二股に分かれるからです。

結構険しい川なので、両方攻めることはないと推測したんです。

 

 

これが正解でした!

二股に分かれた、いわゆる支流側には足跡が全くなく、人が入った気配はありませんでした。

そして釣果も!

支流に入ってすぐでした。

 

先ほどまでと比べて、1歳2歳年上のアマゴ君が次々と!

合計20数匹釣りましたが、持ち帰りは7匹。

ちなみに、17,18cmを超えるか、針を飲み込んだ場合に持ち帰るようにしています。

 

最大で20cm前半だったので、ちょっと物足りないですが。

僕の腕が悪いということでしょう。。

 

11時に昼ご飯を食べて、更に沢を登るも13時で終了。

そこから50分かけて車まで戻りました。

 

休憩を除くと6時間釣り歩いた訳ですが、帰りは1時間かかりません。

渓流釣りはひたすらに進むので、帰りの時間も計算しておかないとまずいですよ。

 

本日のお持ち帰り

 

ちなみに、エサはミミズとブドウ虫を持っていきましたが、釣果に差がありませんでしたのでミミズメインにしました。

(ブドウ虫は高いから勿体なくて。。)

 

釣りを終えて

僕が捌いたアマゴを弟が七輪で焼きました。

 

そして使用したウェーダーや魚籠や釣り竿はその日のうちに洗って干します。

 

片付けまでしてが釣りです。

大人になったもんだ~