ファミリーフィッシングの始め方 川だよ!

ファミリーフィッシングの始め方 川だよ!

全国のお父さん!お母さん!

山や川、海に行ってバーベキューやキャンプしていますか?

そこでは何をして楽しみますか?

 

食べて飲んでばっかりでは、子供は飽きてしまって一緒に行ってくれなくなりますよ!

そんな親御さんたちに私からのご提案です。

しっかり子供とアウトドアを楽しみましょう!

 

今回は川釣りに絞ってお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

 

◎ファミリー向けの川釣りってとても簡単

 何と言ってもファミリーフィッシングですからね。

お手軽に釣れなければなりません。

子供なんて退屈になるとすぐに飽きてしまいます。

ですから子供が飽きない間、つまり、釣りを開始して5分以内に釣れる方法をご紹介します。

初心者のお父さんでもすぐにお子さんのヒーローになれますよ。

 

◎いつするの?

太陽が出ている時間であれば年中できます

これは私の経験からの発言ですので、夜中はちょっと分かりません。

やった事がありませんので。

行かんせん、夜の川は危険ですのでやめておきましょう。

 

また、狙う魚によっては朝とか夕方とかありますが、そんな時間でなければ釣れない魚はファミリーフィッシングには向いていませんので今回は除外します。

お手軽に、川遊びのアクティビティの一つになる釣りを前提としています。

 

◎どんな場所でするの?

中流から上流の、子供が水の中に入って川遊びできるような川でしたら、どこでも大丈夫です。

つまり、大きすぎる川や深い川、流れの速い川はダメです。

 

こうした場所では多少なり釣りの知識が必要となります。

釣りで最も重要な事は、釣りの腕でも使う道具でもなく、場所ですから。

 

特に初心者だと何が悪くて釣れないか判断しづらいですので、子供が遊べないような川は×。

危険回避という意味も込めて、小さな、流れの緩やかな川でしましょう。

ただし、浅すぎるところは根掛かり(地面を釣ってしまう)ので、せめて膝より深いところで釣りをしましょう。

 

◎どんな魚を釣るの?

ハヤ、カワムツ、ウグイ、ドンコ、オイカワなど

あまり聞きなれない名前だと思います。

趣味で川釣りをしている人達からは雑魚と扱われる魚ですので、一般の方には馴染みがないかもしれません。

 

鮎やヤマメ、アマゴといった魚は釣りをするためにお金が必要です。

こうした魚は釣れてもすぐに逃がしましょう。

 

◎お金は払わなくていいの?(入漁券/遊漁券/入川券は?)

これらの魚はほとんどの場合、お金を払わなくても大丈夫です。

ただし、川を管理している漁業組合によっては有料としているケースがありますので、釣りをする川の漁業組合のホームページなどで確認してください。

地域によって変わります

払わなくていい川の方が多いと思います。

ちなみに、私の周りではあまり聞いたことがありません(大阪在住)。

 

心配でしたら、「川の名前」+「漁業組合」で検索してください。

その川を管理している漁業組合のホームページが大抵見つかりますので、確認してみましょう。

 

◎どんな道具を持って行ったらいいの?

合計2,000~3,000円程度で道具は揃える事ができます。

数百円で済ます事もできますが、それなりの知識や腕が必要となってきます。

2回、3回と使うことを考えて、少しばかりお金をかけてもらったほうが無難です。

 

まず、そこそこ大きめの釣具屋さんに行きましょう。

チェーン店なら間違いないです。

店に入ってみると、ほとんどが海釣りとバス釣り、鮎釣りのコーナーとなっていますが、店の片隅に川魚釣りのコーナーがあると思います。

 

そこに入門セットがあればそれを買いましょう。

なければ、3~4m台の長さになる竿、オモリ、糸、糸が結ばれている針を買いましょう。

詳しくは改めてまとめます。

餌はブドウ虫、またはミミズで、サイズは一番小さなものを選んで下さい。

 

ちなみに、エサは冷蔵庫などである程度の期間、保管できます。

 

仕掛けの作り方には様々なテクニックがありますが、初めのうちはそんなに難しく考えなくても大丈夫です。

 

  1. 竿先の紐に糸をほどけないようにくくりつける
  2. 仕掛の長さ(糸の長さ)は竿の長さより5~30cm短い長さにする
  3. 針の10cm上におもりをつける

※できれば目印も揃えておきましょう。仕掛けがどのあたりにあるか確認しやすくなります。仕掛の糸の中央あたりに分かりやすいように1~3個つけてください(2~400円程度。毛糸とかでも可)。

 

こんな感じで大丈夫です。

ちゃんとしたやり方とか、初めは気にしなくてもいいですよ。

 

◎さあ川で釣りをスタート!

ここでは入門セットを購入したことを前提とします。

まずはセットの中にある説明書の通りにセットしましょう。

 

次に場所選びです。

こが一番のポイント。

魚がいないと釣れませんからね。

以下3点と+αを押さえれば大丈夫です。

 

①川の流れが緩やかで深さのある場所を狙う

→流れの本流には強い魚が縄張りを持っています。

今回狙う魚はちょっと弱めの魚ですので、本流以外を狙います

 

②釣り糸が引っかかりそうな障害物がない

→慣れていても木に針や糸をひっかけてしまいます。

引っかかると時間をロスしますし、何よりイライラしますから、そういう場所は避けましょう。

 

③水の中に人がいない

→安全面。

人を釣らないようにしましょう。

また、魚は臆病な生き物です。

水の中に人が入ったすぐ後は、釣り糸を垂らしても警戒してあまり釣れません。

 

+α  魚が隠れる事が出来る影がある

大きな岩がベスト。

木の影は糸が引っかかりますので避けましょう。

 

◎釣り方

まず、針に餌を刺しましょう。

餌のおしりから刺し、頭の手前で針先が出るように刺して下さい。

ミミズは長さが余ると思いますので、半分に切ってもかまいません。

 

次に、竿を振って餌を川上に入れましょう。

振りかぶってもいいですし、振り子のように下から投げ入れてもいいです。

 

餌を投げ入れた後は、少し沈めましょう。

川の深さの真ん中くらいに餌が流れるようなイメージをして下さい。

川の流れに餌を任せて下さい。

狙った場所を通り過ぎれば、もう一度やり直して下さい。

その際、深さを変えるなど、釣れやすい高さを探ることも忘れずに。5回くらいやって釣れなければ違う場所にしましょう。

 

このようなやり方で簡単に釣れますので、ぜひお試し下さい。

釣った魚を虫かごに入れて子供に遊ばしても良し、小さいけれど食べても良しです。

 

ただし、一つだけご注意を

夢中になりすぎるあまりに子供をほったらかしにしないように

川は大変危険ですので、子供から目を離さないようにしましょう。