若狭和田キャンプ場。海水浴&ファミリーフィシング(キス釣り)&BBQの詰め込みキャンプ!

若狭和田キャンプ場。海水浴&ファミリーフィシング(キス釣り)&BBQの詰め込みキャンプ!

京阪神にお住いの方、綺麗な海で遊ぼうと思ったら選択肢は決まってきますね。

そう、日本海。

 

まあまあ遠いイメージがありますね。

大阪、神戸からすると本州を縦に横断することになりますしね。

でも、和歌山に行くことを考えれば、実はそんなに変わらない。

道路の選択を間違わなければ、大阪市内からでも休日の日中に2時間半前後で到着することが可能です。

 

スポンサーリンク

若狭湾のキャンプ場

グーグルマップで「キャンプ場」「若狭湾」で検索した結果がこちら。

引きすぎているので一部のキャンプ場しか表示されません。

若狭湾ならどこでも満遍なくキャンプ場がありますね。

 

拡大した地図がこちら。

これでもまだまだ隠れているキャンプ場があります。

京阪神からのアクセスを考えると、京丹後方面に行くか、小浜・高浜方面に行くかで迷いますね。

高速道路からのアクセスや周辺施設のことを考えると高浜・小浜方面がベターですね。

舞鶴若狭自動車道から距離も近いですし、キャンプ場は線路・街沿いにありますので買い物にも困りません。

電車で合流するメンバーがいても大丈夫ですね。

 

京丹後方面は高速道路を降りてから少し走りますが、田舎感が満載で雰囲気満々です。

 

でも、タイトルにもあるように、今回紹介したいのは高浜町にある若狭和田キャンプ場。

行ってから気づきましたが、大下キャンプ場という民間のキャンプ場が併設されていました。

 

林道を挟んでキャンプ場が並んでやがる!

「ここかな〜」

と思って管理人らしき人に車をどこに停めたらいいか聞いたら、ここは若狭和田キャンプ場じゃないだってさ。

 

駐車場に停めるときは注意したほうがいいですよ。

というか、駐車場に入る前にキャンプ場の入り口を確認した方がいいです。

至る所に駐車場があるので、焦らなくても大丈夫ですよ。

焦り過ぎて遠目の駐車場に止める方がつらい!

 

若狭和田キャンプ場

 

アジア初となったブルーフラッグ認証を取得しているビーチ沿いにあるキャンプ場です。

なんだかよく分からないですが、とりあえず水はめっちゃ綺麗です。

 

舞鶴若狭自動車道の大浜高浜  ICから車で10分くらいです。

夏の間だけ営業しているキャンプ場で(2017年は7月1日から8月20日まで)、予約は6月からです。

電話で予約することになります。

僕が行った時はテントサイトは全て埋まっていたような気がしますが、多分土曜日以外は予約無しでも行けそうな雰囲気です。

 

基本情報

住所:和歌山県御坊市野口

TEL1:0770-72-46530770-72-0070(若狭和田観光協会)

TEL2:0770-72-0070(若狭和田観光協会。6月中の予約はこちら)

Webページ:こちら

営業時間:9時~22時

営業期間:7月1日~8月中旬頃まで

チェックイン:13時

チェックアウト:12時

 

車で大阪市内から2時間~2時間半くらいです。

大阪市内からの行き方としては、料金の高い、距離の長い順から挙げると

・中国自動車道→舞鶴若狭自動車道

・京都縦貫道→舞鶴若狭自動車道

・国道162号線など一般道(信号ほとんどないよ)

となります。渋滞状況によっては中国自動車道からの方が早いこともありますので、出発前には確認しましょう。


こちらは入り口の看板です。

注意書きも書いてあるので、このキャンプ場を検討されている方は拡大してお読みください。

 

キャンプ場スペック

コテージ:無し

バンガロー:無し

テントサイト:67区画(1区画10人まで)。1区画1泊6,000円のみで入場料や1人当たりの料金設定なしです。電源はありません。

常設テントサイト:15張(大人4人用テント)。1泊5,500円で、タープを張る場合は場所代が1,000円かかります(タープのレンタルは無し)。

デイキャンプ:500円/人

レンタル用品:毛布300円、ゴザ300円

販売物:?。自販機あり

設備:温水シャワー(200円/回)、水洗トイレ(多目的トイレあり)、炊事場

駐車場:日帰り1,200円、1泊2,000円(キャンプ場周辺の民間駐車場になります)

おススメ持参道具:キャリーワゴン

 

このキャンプ場の一番のポイントは、海の近さ!

キャンプサイトを抜ければすぐ海です。

夏限定のキャンプ場で、海のそば。

海水浴しないんだったら何すんねん!と言われて当然の立地です。

 

また、オートキャンプ場でありませんし、駐車場からテントサイトまでは距離があります。

荷物運びにはそれなりの覚悟が必要かと思う方もいると思いますが、管理棟横に何台もの荷車(キャリー)が置いてありますのでご安心を(もちろん無料です)。

ただし、朝の帰宅の準備時間のピークだと、キャリーが全然使えないことも。

僕が利用した時は、チェックアウト間際は意外に空いていました。

朝の9時くらいだと競争率が高く、キャリーを借りるまでに1時間くらい待った人もいたそうです。

 

ということで、オートキャンプ以外は荷物の持ち運び手段を備えていた方がGoodです。

 

スタンダードタイプ(いろんなメーカーから同じ形のものが販売されています)

タイヤ太め悪路対応タイプ(ちょっと値が張りますが運搬が楽)

オシャレキャンパーご用達(アメリカ生まれの子供のおもちゃ)

区画サイトの広さは約80~100平方メートルあります。

10m×10mということで、まあまあ広いです。

 

でも、ところどころ松が生えていますので配置にはご注意ください。

 

それと、テント張る前には松ぼっくり拾いをすることをオススメしますよ。

 

 

常設テントサイトは、ちょっとイマイチでした。

だって見た目が悪いんだもん。

おそらく、テントの防水能力が無くなったんでしょう。

全てのテントの上にブルーシートが張られていました。

 

また、キャンプ場は海のそばの松林の中です。

そこでご注意点が2つ。

 

1つは、錆びやすいモノは持ってこないこと。

だって、潮風が吹いていますし、海水に触れた手で触っちゃうし。

 

もう1つは、空から松ヤニが降ってくること。

僕のテントにも付いていました( ゚Д゚)

 

大事にしているキャンプ道具は持って行かない方が吉ですよ!

 

キャンプ場の海スペック

砂浜はかなり広いので一概には言えませんが、少なくともキャンプ場前の砂浜はかなり遠浅です。

子供を連れて遊ぶには最適な深さです。

 

なんてったって、海が綺麗!透明度高い!

 

日本海の海に初めて来ましたが、本州の海でもこんなに綺麗な海があるんだと驚きました。

綺麗な海が目的なら、和歌山に行くより若狭湾に来た方が絶対いいですよ!

 

また、キャンプ場すぐそばに突堤があるのですが、潜ってみると小さな魚や生き物がたくさんいます。

(google map)

僕が見ただけでも、キス、チャリコ、根魚(たぶんカサゴ)、ウニ、カニ、フグ、ボラ、ヒトデ、ヤドカリ、舌平目(シタビラメ)、アオウミウシ、何かの稚魚を見つけることができました。

稚魚やカニは網で捕まえることができますので、生き物探索にも最適です。

ただし、貝や岩でケガをしてしまいますので、ウォーターシューズや軍手、ラッシュガードなど着用をお勧めします。

 

キャンプ場での魚釣り

昼間は止めましょ。たぶん監視員に怒られます。

まわり、子供だらけですしね。

ということで、夜・早朝にすることになります。

 

メインターゲットは、やはり砂浜の女王、キスです。

群れを見つければ連掛けも可能。

ただし、フグにはご注意くださいね。

雑魚としてはチャリコが掛かります。

 

突堤では穴釣りで根魚が釣れます。

ただし、キャンプ場傍の突堤は人の往来が激しいので、話しかけられたり釣りバケツを激しく覗かれたりします。

 

僕は夕方と早朝にキス釣りをしました。

正確には、僕は始めだけで子供や初心者の友人が釣ったのですが、30分くらいで10匹以上釣れました。

だいたい、3色(30m)くらい投げれば釣れる感じでしたので、初心者でも楽しめます。

場所はキャンプ場の入り口のすぐそばです。

 

キャンプ場のすぐそばで釣れるということで、ファミリーフィッシングの投げ釣り入門としても最適ですね。

砂浜からですので海難事故の危険が小さくて済みます。

 

ちなみに、道具は安いもので十分です。

釣具店にある入門用のロッド&リールと投げ釣りセット(仕掛けは3〜5個くらいあった方がいいですよ。

フグに切られてしまったり根掛かりで失うこともあります)です。

餌はイシゴカイを半分に切って使えばOK。

(翌朝早朝に釣ったキス)

 

釣った魚は食べる主義

今回はキス釣りをするつもりだったので、天ぷらできる準備をしていきました。

油、小麦粉、卵、油を固める油処理剤。

 

皆さんはキスの天ぷら、食べたことあります?

自分で釣ったキスを天ぷらにすると、びっくりするくらい美味い!

新鮮だからでしょうか。身がふわふわっで驚きました。

これまで食べた事あるはずなのですが、今では一番好きな天ぷらはキスです。

 

という事で、暗くなる前に引き上げて一人でシコシコとキスの開きを作っていました。

暑いので鮮度が落ちやすく、時間との勝負です。

まあ、10匹程度なら10分もあれば十分。

 

という事で、美味しく頂きました。

ちなみに、ここのキャンプ場はゴミを捨てていけるので安心です。

 

捌き方&写真映え悪くてすいません。右の黒いのはカサゴです。

 

ダッチオーブンで天ぷらに!温度は適当です。

 

途中寄った道の駅 名田庄で買った夏野菜たち