冬の海釣りの防寒装備【初心者&中級者向け】〜防波堤では何よりも足を温めろ!〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【中級者以上向け】防寒着を揃えていこう

自宅にある服では、冬の釣り場の寒さに耐えるためにモコモコに着込まなければなりません。4、5枚着込むだけでは足りないと思います。足りたとしても、寒さと戦いながらになるでしょう。冬キャンプなどのアウトドアにはまっている人なら持ち合わせはあるかもしれませんが、ほとんどの方は着膨れします。

そこで、「寒くても釣りに行くぞ!」と釣りにハマった方は防寒着・防寒用具を揃えていきましょう。

僕がご紹介するアイテムは「電車に乗っても恥ずかしくない」「ダサくない」「ちょっとオシャレ気あり」なものを選んでいます。なにせ電車に乗ってタチウオ釣りに出かけるくらいなので見た目も重視しています。

内側が起毛になっていて、防水加工がされていれば尚良しです。

地面に熱を奪われますので、靴底が厚いタイプを選びましょう。

とにかくぶ厚いやーつです。普段使いもできますので、ちょっと奮発しちゃいましょう。

下半身

タイツも裏起毛のものを。

ズボンは防水・防風機能のあるものを選びましょう。最上級はゴアテック素材の商品です(ウン万円します)。

電熱式のパンツがあれば最強です。長時間の釣りの場合は予備のモバイルバッテリーも持参しましょう。防水・防風高価は乏しいので、レインパンツなどを上に履けばGOODです。

上半身

やっぱり裏起毛。ハイネックがお勧めです。お値段が高くとも1枚あれば他のシーンにも流用できます。

アウターは防水・防風機能のあるものを選びましょう。こちらの商品はダイワ製品ということで釣り人のニーズにしっかりとマッチした作りです。

ゴアテックス素材の商品は総じて高価ですが、その機能は非常に優秀です。防水はもちろんなのですが、透湿機能が抜群に良いです。体内から出た水分を外に排出してくれるので、暑いときは中に湿気が籠りにくく快適です。

ちなみに、ほとんどの商品は「水洗い可」となっています。釣りは汚れやすいので安心ですね。

チタン素材タイプで指三本開いているものを選びましょう。

首・頭

ネックウォーマーは口までカバーできるタイプの方がいいですよ〜首だけだと寒さに耐えきれないかも。
タイトルとURLをコピーしました