冬の海釣りの防寒装備【初心者&中級者向け】〜防波堤では何よりも足を温めろ!〜

NO IMAGE

11月頃からの海釣りは寒さとの戦いでもあります。

釣り師には「寒いから家でお休み」なんて発想は無いのですw

と言うのは言い過ぎですが、寒い季節しか釣れない、寒い季節ほど釣れるなどの理由で頑張っちゃうのが釣り人というもの。

でもやっぱり寒いのは嫌なわけで、思い思いの防寒着を装備して出かける訳です。そこで、みなさんに防寒のアイディアを少しでも提供できればと思います。

ちなみに、クリスマスシーズンにツレと大阪湾でタチウオ釣りに出かけたところ、夜中12時の時点でツレは寒さでギブアップしました。せっかくの釣りが寒さでお終いになるなんて少し勿体無いですね。

 

【全ての釣り人へ】

寒いと感じるのは、体から発生する熱以上に外気が寒いためです。心臓一個の熱源では追いつかないんです。ルアーやワインド釣りなら体を動かすので多少はマシですが、ウキ釣りなど「待ち」の釣りでは体温が低下する一方です。

そこで、肉体以外の熱源を用意することをお勧めします。

カイロ

鉄と酸素の化学反応のアレです。消耗品ですので勿体無いと思う方もいると思いますが、ケチらず使いましょう。夜釣りのケミホタルみたいなもんです。必要な出費と捉えてください。冬場に釣りをするなら釣り道具に靴下のカイロを常備してくださいね。

僕の中でカイロの優先順位があります。

1位:靴下カイロ

2位:貼るカイロ

3位:普通のカイロ

 

1位は最も防寒装備が疎かになる足元対策です。防寒ブーツがあれば2位でもいいですが、雪国以外の人は防寒ブーツなんてほとんど持っていないでしょうしね。

体は末端から冷えていきます。そして際たる部位が足です。冷たい地面に接している足元は、靴を通して熱を奪われ続けていきます。そして冷えた足元の血液が全身を流れる事で体温を下げ続ける事になるんです。

そこで靴下カイロの出番です。特にかじかみやすい指先の裏にカイロを貼ります。地面との距離が長くなる事で防寒対策になりますし、体も温めてくれます。

 

2位の貼るカイロは服の中に貼るためです。このカイロのメリットは好きなところを温めることができる事です。僕は腰に貼りますが、首、お腹、内太ももなど自由に決めてください。その時に一番温めたいところでいいです。普通のカイロだとポケットとか場所が定まるところにしか忍ばすことができないですからね。位置を決められる貼るカイロはとても有用です。

 

3位の普通のカイロはポケット専用です。指先を温める用ですね。太ももに指を挟んだり服の中に手を入れたりしてもある程度は暖を取れるので、僕の中では優先順位は低いです。貼るポケットでもシールを剥がさなければポケットに入れて同じ用途で使えますしね。ただ、靴下カイロが尽きた場合は靴に入れたりもします。

 

魔法瓶で温かい飲み物を

 

体の中から温めるのも手です。一番手っ取り早いのは魔法瓶。オススメは口で直接飲めるタイプ。コップに入れるとすぐに冷めてしまいますし、夜釣りだと紛失してしまったり蹴ってしまったり。また、冬場にたくさん水分を取るとトイレが近くなりますので、あまり大きなものでなくても大丈夫です。500〜700mlくらいのサイズでいいかと思います。

 

【初心者向け】手持ちの装備で工夫

「釣りに連れて行ってやるよ!」と誘われた初心者の方、とりあえず家にあるもので頑張りましょう!

 

とりあえず厚底の靴をチョイス。カイロでも述べた通り、地面からの熱の強奪を甘くみてはいけません。

NGなものは革靴、メッシュ、サンダルです。釣り場の足元は汚れやすいので革靴は論外。高い靴ももちろんNG。メッシュやサンダルなど外気が足に触れやすいものもダメですよ。

 

靴下

とりあえず二重に履きましょう。三重でもいいくらい。スキー・スノボ用のものがあれば尚良しです。

 

下半身

まず密着タイプを履きましょう。タイツやスパッツ(パッチ)ですね。次に長ズボン、そして最後に長ズボン。それぞれに役割があります。

まずタイツやスパッツ(パッチ)ですが、少しでも熱を体に留めておくために履きましょう。スパッツの足元は靴下の中にいれましょうね。

そしてその上に長ズボン。もう1枚長ズボンを履くので、起毛タイプの分厚く空気を留めておけるタイプのものをチョイス。

そして最後にも長ズボン。風を通さないウインドブレーカー系の素材がGOODです。ズボンの中の温かい空気を逃さないためでもありますし、冬場の防波堤は風が強いため、外的要因から熱を奪われないためでもあります。

 

上半身

下半身と同じく3段構え+αです。持っている服の防寒能力によって着込んでください。また、ハイネック、襟付きの服がお勧めです。

まずはインナー。ユニクロのヒートテックや類似品を着ましょう。僕は2枚は着ます。

その上に2枚目。下半身と同じく起毛系で空気をとどめておけるタイプの素材をチョイス。フリースがお勧めです。

ここで+αとしてユニクロのウルトラダウンを紹介しておきます。収納・携帯性に優れていますので僕は温度調節要員として常に持っています。暑ければ脱ぐ、寒ければ着るという具合です。

アウターはやはりウインドブレーカー系の素材をチョイス。防水性の高いものだと風も通さず天気が悪くても対応できるのでお勧めですね。ダウンって結構あったかいですが、割と風が抜けちゃうんですよね〜安物は特に。理想はダウンの上に防水アウターを着込めば最強なのですが、モコモコのダウンの上に着れるほど大きい防水アウターは持っていないので、僕はダウンの下に防水アウターを着る事もあります。

 

いずれにせよ、手持ちの装備ではモコモコの超ダサい格好になることを覚悟してください。

あと、スキーウェア・スノボウェアもお勧めですよ〜なんて行っても雪山で過ごせるほどの防寒性能を持ち合わせていますし、防水機能も多少はありますので。

 

ルアーマンなら投げる際に指をかけない反対側の手だけなら普通の手袋でも可能。

エサ釣りなら手袋の使用は無理です。手袋、めちゃ汚れますよ?

強いて言えば軍手でしょうか。親指、人差し指、中指の指先は切って使います。

 

ネックウォーマーやマフラーをしましょう。マフラーは服の中にしまってください。

 

耳を隠せるタイプの帽子、または耳あてを用意しましょう。まず耳は守ってください。

 

【中級者以上向け】防寒着を揃えていこう

自宅にある服では、冬の釣り場の寒さに耐えるためにモコモコに着込まなければなりません。4、5枚着込むだけでは足りないと思います。足りたとしても、寒さと戦いながらになるでしょう。冬キャンプなどのアウトドアにはまっている人なら持ち合わせはあるかもしれませんが、ほとんどの方は着膨れします。

そこで、「寒くても釣りに行くぞ!」と釣りにハマった方は防寒着・防寒用具を揃えていきましょう。

僕がご紹介するアイテムは「電車に乗っても恥ずかしくない」「ダサくない」「ちょっとオシャレ気あり」なものを選んでいます。なにせ電車に乗ってタチウオ釣りに出かけるくらいなので見た目も重視しています。

 

 

内側が起毛になっていて、靴底が厚いタイプを選びましょう。防水加工がされていれば尚良しです。

 

靴下

 

とにかくぶ厚いやーつです。普段使いもできますので、ちょっと奮発しちゃいましょう。

 

下半身

 

タイツも裏起毛のものを。

 

ズボンは防水・防風機能のあるものを選びましょう。最上級はゴアテック素材の商品です(ウン万円します)。

 

上半身

 

やっぱり裏起毛。ハイネックがお勧めです。お値段が高くとも1枚あれば他のシーンにも流用できます。

 

アウターは防水・防風機能のあるものを選びましょう。こちらの商品はまだ安い方ですが、防水機能で最上級を求めればゴアテック素材の商品を選択することになります(ウン万円します)。

 

 

 

チタン素材タイプで指三本開いているものを選びましょう。ネオプレン素材は安いですが寒いです。

 

首・頭

 

ネックウォーマーは口までカバーできるタイプの方がいいですよ〜首だけだと寒さに耐えきれないかも。