キャンプの大量の荷物、どうやって持っていく?衣装ケースもありですよ。

キャンプの大量の荷物、どうやって持っていく?衣装ケースもありですよ。

さあキャンプへ行こう!となったとき、まず大変なのが荷物運び。

車に荷物を積み込むのも大変。マンションだったら駐車場に持っていくのも大変です!

そしてサイトに着いてからも、テントと車を何往復するんだろうって気が滅入りますよね。

 

となると、細々した荷物は大きな収納ボックスなどに入れて運ぶのが正解です。

今回は実用面にフォーカスしていきますので、オシャレとは離れてしまいますのでご了承くださいまし。

キャンプ初心者や、キャンプにお金かけたくないよ、という方には、ある意味で勇気を与えられるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

大型収納ボックスに荷物をまとめるメリット

冒頭にも挙げましたが、キャンプではどうしても荷物が多くなります。

ホテルに泊まったり、最近流行りのグランピングであれば旅行カバンを持っていけば済むかもしれません。全てレンタルで済ますキャンプもカバン一つでいいかも。

 

でも、キャンプにハマってくると、どうしても増えるキャンプ道具。

 

キャンプ道具付属の袋やケースにいれて持ち運ぶとなると、荷物の個数が大変なことになります。

荷物の個数を減らそうと思えば、手段は1つです。

 

「荷物をまとめて1つにする」

です。

 

であれば、道具以上に大きい箱や袋が必要に荷物を詰め込めばいいんです。

どういうものがいいかは後で述べるとして、まずは、これらのメリットをまとめていきます。

 

メリット① 荷物運びが圧倒的に楽になる

家と車との往復回数が減ります。

マンション暮らしだと、往復回数が減れば嬉しいですよね。

大規模マンションだともっと嬉しいはず。

 

車とテントサイトとの往復回数が減ります。

オートサイトでもちょっと嬉しいです。

駐車場が離れているキャンプ場だともっと嬉しいはず。

 

車への積み荷作業、荷下ろし作業の回数が減ります。

 

結果、体への負担も少なくなりますし、精神的負担も軽減できます。

 

キャンプ道具しか入っていないボックスで保管されていれば、キャンプに持っていくだけで済みますし、キャンプ準備がぐっと楽になります。

 

また、雨が降った時などにタープの下に荷物を移動させるのも箱1つ運ぶだけで済みますので楽になりますね。

 

メリット② 荷物が散らばらない

整理整頓していないと、モノってすぐ失くしちゃいますよね。

狭いテントの中でも、あっという間に行方不明になってしまいます。

 

また、10cm、20cmの小さな入れ物がたくさんあれば、テントの床はあっという間に荷物だらけになってしまいます。

 

そこで、荷物が大型の収納ボックスなどに入っていたらどうでしょう。

しかも、種類ごとに。

 

探すのも楽になりますし、多少乱暴に戻しても許容量内であれば散らばることはありません。

 

使ったものを元に戻す。しかも整然と。これ、結構難しいんです。

几帳面な大人ならできるでしょうが、どれほどの方ができるでしょうか。

ましてや子供なんて。

 

車の積載量に余裕があるのであれば、大きめの収納道具を用意すればキャンプが快適になります。

 

メリット③ 必要な場所に、必要な道具一式をおける

普通、使いたい道具は使う場所の近くに置きますよね?

調理用道具であればテーブルの上に並べます。

BBQ道具であればバーベキューコンロの横に置いておくのがベスト。

 

もし、道具が大きな箱に1つにまとまっていなかったら。

 

テーブルの上に道具を並べるのも一苦労ですし、道具を垂直に並べられないのでテーブルの面積を圧迫します。

バーベキュー道具を集めるのも苦労しますし、置き場所をどうするかという問題も。

 

そこで、同じ種類の道具は1つ箱に入れておき使用場所の側に箱ごと置いておけば、使いたい道具を使う場所ですぐ使うことができますし、道具の保管場所にもなります。

 

例えばキッチン道具はテーブル周辺に。箱に一式入っていればテーブルのスペースも圧迫しません。

地面に直置き可能な箱であれば、テーブルを広く使うことも可能になります。

 

BBQも然り。わざわざバーベキュー道具用に置き場所用のテーブルを持っていくことはないと思います。

ということで地面に置くことになりますが、道具がまとまっていれば移動する必要も無くなりますし、手間がぐっと減ります。

 

大量収納のハードケースのメリット・デメリットとオススメ商品

まずはメリットから。

  • 地面に直置きできる
  • 荷物置き場になる
  • 椅子になる
  • 水に強く、雨が降っても大丈夫
  • 保護力がある

※必ず全て該当するわけではありませんので悪しからず。

 

その名の通り「硬い箱」ですので、その特性を活かせば収容道具以外の用途でも活躍できます。

キャスターなどが付いていれば、荷物の移動も楽になりますね。

 

次にデメリットを紹介します。

・変形しないような、出っ張りのあるものは入らないことも。

・スペースが生まれて収容力を最大限発揮しづらい

・箱そのものが変形しないため、車への積載時に調整が難しい(無理やり積み込みが難しい)

 

箱の形に収まるものしか収容できません。それより大きなものは入りませんし蓋をすることができません。

また、箱上部の空間はデットスペースになりやすく、車の積載量を圧迫することになります。

 

 

これはいたって普通のBOX。ホームセンターでよく見かけますよね。

椅子にもなりますし、荷物置き場にもなります。

 

 

この前キャンプ場で見かけたんですけど、すっごくアリだと思いました。

大容量で、種類ごとに分けることもできる!透明で探しやすい!

外に出しておくのはちょっとダサいですが、テントの中にしまえばいいんです。

 

 

僕の一押し。キャスター付きのケース。

マンション在住なのですが、車まで廊下でコロコロ移動できます。

家では押入れにそのまま保管。キャンプに行く時にそのまま持って行く。

 

 

こちらは、実は折りたたみができるんです。

キャンプ中に折りたたむことはないですが、自宅で保管する時に重宝します。

必要なキャンプ道具を選んで持って行く。でも、それを入れる箱の保管場所に困るものです。

このような商品だと薄く収納しやすくなるので、普段の保管場所に困ることはありません。

 

 

ここ数年でだいぶ見るようになった商品。

ポリエチレンなどで作られているので、多少の規格外のものでも収容可能。

また、水にも強くいので、僕は水遊び道具を入れています。浮き輪・ゴーグル・シュノーケルなどなど。

汚れものをまとめて入れるのにも重宝します。

 

 

特にタントなどのトランクの奥行きが短い車の方にオススメです。

奥行きが無ければ上に荷物を積み重ねるしかありませんが、そのぶん不安定になります。

ドアを開けたら荷物が雪崩のように崩れてくることも。

スーツケースだとそれ自体で高さを稼げますので、トランクの空間利用がし易くなります。

荷下ろしもしやすく、移動も楽チンです。

 

 

オススメ② 大型の袋

まずはメリットから。

・地面に直置きできる

・収容物に応じて変形できる

・収容力を最大限活かしやすい

・袋は変形するので、積荷が楽

 

袋は形が変わります。子供のおもちゃ、例えばストライダーなどを詰め込んでも袋なら大丈夫。

BBQコンロ類も、元々の梱包の箱だけよりもトングや着火剤、炭なども一緒の袋に入れておけば持ち運びも楽ですし、汚れやすいものをまとめて保管することで、他の道具が汚れることを防ぎやすくなります

 

デメリットはというと、

・中身を守る力が弱い

・袋内の整理整頓が困難

 

なんせ袋ですからね。緩衝材の役割はある程度ありますが、脆いものを入れるのは不向きです。

 

また、箱に比べると中身が流動的になりやすいのでいろいろなものを詰め込むと目的のものを探すのが一苦労。特に入り口が狭い袋は中に入っているもをの探すのが大変です。

 

 

バーベキューコンロが箱ごと収納できるという商品。

オススメは、少し大きめのサイズを選ぶこと。

ぴったしサイズだとコンロしか運べませんが、メリットで挙げたようにBBQで使う道具一式が入るサイズを選ぶようにしましょう。

 

こちらは何と言ってもキャスターが付いていること。

作りも頑丈でしっかりしているので、重いものを入れても大丈夫。

 

ネットで見つけた商品。とにかくデカくで容量100L。

布系を入れるのには最適だと思います。寝袋・フロアマット、冬なら絨毯などなど。

大きな繊維類は重たく持ち運びにくいので、大きな袋に入れるのが吉です。

 

オススメ③ オシャレな収納

僕もいつかはこの領域に行きたいな〜とも思いつつも。

それよりも欲しいギアがあるから手を出さない!

多少なり願望が混じっております。

 

こちらはスノーピークのシェルフコンテナ50。

スノーピークはキャンプ道具のハイブランドで、スノーピークでギアを固めている人をスノーピーカーと呼びます。

リンクを見てもらうとわかるんですが、画像の状態から「W」の形に左右に開くんです。そして、その上にもう1つ同じ商品を重ねて乗せることができます。

ネックはお値段。1万円半ばくらいかかります。

いやしかし、オサレ〜!

 

インディアン調の柄のオシャレボックス。

中に仕切りも付いているので収納しやすい商品です。

折りたたみも可能ですので、車に積みっぱなしでもOK。食料品の買い出しにも使えますね。

 

モールディング、初めて見たブランドですが、これから流行るかも。

無骨でカッコイイし、キャスター付きで機動力もある。

日本のインテリア会社が海外のアウトドアメーカーに発注して作らせた商品らしいです。

 

こちらはドイツ生まれのストレージボックス。

折りたたみでペラッペラに薄くなります。

迷彩柄がオシャレです。

 

最後に、オシャレキャンパーじゃない僕が言うのもアレですが、失敗しないオシャレ道。

同じもの、同じ系統のもので揃えた方が失敗しにくいです。