キャンプの計画を立てよう~季節から考える~

キャンプの計画を立てよう~季節から考える~

春になってくると、いよいよキャンプシーズンですね。

一般的に、キャンプのシーズンは春から秋の間です。

アウトドアですから、やっぱり外で過ごしやすい時期がキャンプに適しています。

 

スポンサーリンク

季節についての考え方

計画時、どの季節に行くかでキャンプする場所が変わります。中級者・上級者は季節に左右されませんが、初心者や快適なキャンプをしたいというのであれば季節は判断する材料の一つになります。

 

【春】


超おすすめのシーズンです。ただし春先はまだまだ寒いので雪が残っているような場所は避けましょう。できるだけ温かそうなエリアを選んだ方がベターです。また、ゴールデンウィークはキャンプ場も繁忙期です。人気のキャンプ場は予約が開始したタイミングで埋まってしまいますのでご注意を。2~3か月前から予約を取っているキャンプ場が多いです。

→どこのキャンプ場でもOK!人気のキャンプ場はすぐに埋まってしまうので早めに予約が必要

 

【夏】


めっちゃ暑いです。クーラーという文明の利器が使えない中で気温30度以上のところで過ごすことを考えてみてください。しんどいですよね?タープで日差しを遮ることは「多少」できますが、日中をキャンプサイトで過ごすということを考えればどこでもいいとは言えません。 ということで、選択肢は大きく2つです。

 →山、川、高原など避暑地を選ぶ

標高の高い、渓流沿い、木々におおわれているキャンプ場など、テントを張る場所が涼しい場所を選びましょう。木々はマストですね。影があるキャンプ場でないと風も熱いので厳しいです。

 

 →山、川、海、レジャー施設に近い場所。遊びに行くための中継地点(ベース)として選ぶ

キャンプ場は宿泊施設と割り切って、遊ぶのはキャンプ場ではなく、そこから更に足を延ばして行くイメージです。例えば、関西圏であれば夏の和歌山。特に大阪から串本まで行くと移動だけで3~4時間かかったりしますし、渋滞も酷い、ホテルも高いということで、昼間は海、夜はキャンプという遊び方もできます。夜であれば涼しいですし、昼間にしっかり遊んでいますので少々の悪環境であってもぐっすり眠れますね。

 

【秋】


春と双璧をなす超おすすめのシーズンです。春夏秋冬の中で最もキャンプに適した季節と私は思っています。理由は3つあります。

過ごしやすい 日差しも弱まっていますし、気温も落ち着いてきています。上着を脱いだり羽織ったりで温度調節できますのでとても過ごしやすいです。ボールやラケットを持って行って遊ぶのにもいい季節です。

味覚狩りを楽しめる ぶどう等の果物でもいい。芋やキノコでもいい。秋刀魚もサイコー。スーパーや道の駅で買うのも良し。果樹園やファームで○○狩りを楽しんでも良し。

紅葉狩りを楽しめる 秋と言えば紅葉ですね。色鮮やかに染まったキャンプ場を選んでもよし。キャンプにハイキングを取り入れてもよし。視覚で楽しめる季節です。

 →春と同じくどこのキャンプ場でもOK!紅葉シーズンは山間部がお勧めです!

 

【冬】


冬の寒い季は中級者以上と思ってください。だって寒いんだもん。専用の道具だけではなく、寒さに耐えれる服も必要になってきます。そして、雪山に行かないまでも、それなりに経験が必要になりますので、冬キャンプは慣れてきたらと考えておきましょう。

→やりたいことと要相談です。平地でもいいですし雪山でもいいです。ご自身のレベルに応じてご検討を。初めての時は電源サイトがいいと思います。